無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

伯爵家御用達 1巻 篠原花那 原作:高殿円

20070630181710.jpg
伯爵家御用達」一巻読了

夢を持つものだけが住むことが許されるという青春寮。
さる高貴な貴族が経営するというその寮の新規入寮者・桜木学人の青春物語!
待望の第1巻、ついに登場!
夢追い人たちが紡ぐ青春ストーリー、開幕!
一迅社公式より

表紙を見たときは手控えしそうになったが……


読んでみると意外に中身はしっかりとした内容。

明治~昭和初期辺りを舞台に、さる高貴な貴族が夢を追う人のために無償で貸し出す独身寮。そこで起こる事件を寮生(別に学生寮ではないが)がドタバタと解決していくスラップスティックコメディ。

その独身寮「青春荘」に住むのは七人の男たち。
・桜木学人:主人公。自分の手で飛行機を作りたいという夢を持って入寮。
・猪岡トオル:新聞記者。常にスクープを追い求め、自腹を切って取材に行くため散財。
・梅宮レイナ:オカマ。銀座に店を持つママだが、本物の女になるため蓄財している。
・松蔭八雲:ポルノ小説家。いつかは純文学を極めたいと思っている。
・鹿見繁盛:青年実業家。様々な会社を経営しているが、どれも失敗に終わっている。いつか一大コンツェルンを作りたい。
・蝶野綺麗児:ヒモ。役者として身を立てたいと思っているが、やっていることはホストと変わらない。
・御坊真純:管理人。さる貴族と係わり合いを持っているが、一巻の時点では詳細は不明。

この七人でストーリーが進みます。
一巻の時点では、主人公を中心に話が組み立てられていて、他の住人については詳しく踏み込んでいません。
雰囲気的には花とゆめコミックスの「桜蘭高校ホスト部」と似ているだろうか。
別に主人公が実は女の子だったとか、周りみんな金持ちだったりとか、ハーレム状態だったりとかはないですけれど、読んだときの雰囲気としてそう思えました。
場当たり的な話の構成ではなく、話数が増えていくにつれて主人公の出自を徐々に知らせていく手腕はお見事。

最初のキャラが多いだけに、巻数が増えていけばそれぞれのエピソードなどが読めるのだと思います。
続きは買います。
スポンサーサイト

2007年06月30日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

SEO対策:マンガ 漫画 動画 動画 ようつべ 映画 2ちゃんねる マニア おたく Flash
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。