無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

宗像教授異考録 星野之宣

宗像教授異考録 1 (1) 宗像教授異考録 1 (1)
星野 之宣 (2005/08)
小学館

この商品の詳細を見る

宗像教授異考録」1~5巻読了

世界各地に伝わる神話・伝承。それらの裏側に潜む不可視の歴史的真実を、東亜文化大学教授・宗像伝奇が白日の下にさらす! 巨匠・星野之宣が描く伝奇ロマンコミックの決定版、待望の単行本化!!

▼第1話/巫女(ふじょ)の血脈(けつみゃく)▼第2話/百足(むかで)と龍▼第3話/天平(てんぴょう)のメリー・クリスマス▼第4話/大天竺鶏足記(だいてんじくけいそくき)●主な登場人物/宗像伝奇(むなかた・ただくす。東亜文化大学で民俗学の教鞭を執るかたわら、日本各地に伝わる神話、伝説の謎や由来を解明している)●あらすじ/東北地方に古くから存在する巫女“イタコ”。縄文時代から続くとも言われるその伝承の秘密をテーマに講義を行う宗像のもとに、かつての教え子・津島が訪ねてきた。夫と死別し、用事が終われば故郷・青森へ帰るという津島と当地での再会を約束した宗像は、調査のためひとり青森の地に降り立ち、西津軽郡木造町に住む“イタコ”、赤倉ハルのもとを訪れる(第1話)。●本巻の特徴/「イタコと土偶」「百足と龍」「聖徳太子とキリスト」「仏陀の高弟と鶏」…それぞれ無関係に見える二つの事象には、奇妙な共通点があった! 伝説や神話、古来から受け継がれてきた風習をもとに、宗像教授が閉ざされし歴史の扉を開く!!●その他の登場人物/忌部神奈(女性史研究家であり、また神木鑑定家、温泉評論家でもある。宗像を目の敵にしている歴史研究家、忌部捷一郎の妹)

宗像教授伝奇考から続く古代史の謎


宗像教授伝奇考と同じように、古代史を民俗学的見地から見つつ、それをベースにした事件や謎を解明していく二面、ダブルフェイスのマンガ。
現在もビッグコミック誌で連載中です。

今回の宗像教授異考録は宗像教授だけでなく、忌部という女性民俗学者が登場することが多くなります。
共に相嫌いながらも民俗学者として一応認めているといった間柄です。宗像教授伝奇考の一巻に登場するテレビプロデューサー、忌部の妹でもあります。
今回の一巻では、巫女の血脈、百足と龍、天平のメリークリスマス、大天竺鶏足記の4本が収録されています。

『巫女の血脈』では、東北から南下していくにつれ形態が変遷していく土偶と、青森のイタコとの関連を綴っています。
『百足と龍』では、金鉱脈の守り神「百足」と、武田信玄の「百足衆」、そして今ドラマで有名な武田軍の名軍師「山本勘助」の関連性を説いています。
『天平のメリークリスマス』では松浦清の甲子夜話に登場する羊太夫とイエス・キリスト、そして全く関係のないはずの聖徳太子との共通点について語っています。
『大天竺鶏足記』では日本から離れて、インド仏教について語られています。釈迦(ガウタマ・シッダールタ)の十大弟子の一人、マハーカサッパが登場します。

スポンサーサイト

2007年04月23日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

SEO対策:マンガ 漫画 動画 動画 ようつべ 映画 2ちゃんねる マニア おたく Flash
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。