無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

百鬼夜行抄

20070123185217.jpg

百鬼夜行抄」15巻読了

「百鬼夜行抄」待望の最新刊!! 15巻には「迎えにきて」「鬼の面」「野に放たれて」「緋い糸」「黒天井」の5編を収録。「妖魔」を見る力はあるが、他には何の力もない飯嶋律が新たに出会う妖魔は!?
朝日ソノラマ公式より

霊能力の強い飯嶋律と従姉の飯嶋司、広瀬晶、そして律の父親の体を借りた妖魔の青嵐、庭の桜の木に住む酒好きな妖魔、尾黒・尾白が、常人の目には映らない世界に住む霊、妖魔と関わる様子を幻想的なタッチで描いている。しかしそれらを退治するような勧善懲悪、使命感を描いている作品ではない。
百鬼夜行抄-Wikipediaより

これをドラマ化って正気なんだろうか。


のだめカンタービレはまだわかる。人間を大きく逸脱した表現はなかったのだから。
しかし、映画じゃなくドラマだとすると予算の都合ですごいへぼいのしかできないだろう。
これが単純に幽霊が出てくるような普通のホラーマンガだというならやりようもあるだろう。
しかしこのマンガの場合、幽霊だけじゃなく妖怪や残留意思のような、人間の形以外のものも多数存在し、しかも鳥が着物を着たものが準レギュラーとして登場している。
これをドラマ化するとしたらCGを多量に使用しないと成り立たない。
今のドラマの技術力で、実写から浮かないCGの使い方ができるかどうか。
おそらく無理だろう。
蟲師のようなアニメ化だったらよかったのになぁ。

今回は「迎えに来て」「鬼の面」「野に放たれて」「緋い糸」「黒天井」の5本です。
今回は全体的にホラー色は強くなく、どちらかというと人間の情念や怨念の強さの方が怖かったです。
個人的には今回の中で「野に放たれて」がおもしろかったです。
特にaaa.jpgの部分が良かった。
確かに28才の男が、もういい年行った男から「お膝においで」とか言われたら困るわな。

幽霊などといった心霊要素をベースに、人間の情や欲といった身近で、そして怖いものを取り込んでいるのにグロテスクさは全くないマンガです。けっこう死体も描いているんですけどね。
文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞は納得がいきます。
スポンサーサイト

2007年01月23日 マンガ トラックバック(0) コメント(1)

更年期障害の代表的な症状の一つで、のぼせ、ほてりのこと http://radicand5.thriftystmartin.com/

2008年12月07日 URL 編集












管理者にだけ公開する

SEO対策:マンガ 漫画 動画 動画 ようつべ 映画 2ちゃんねる マニア おたく Flash
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。