無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

駄文

今、暇にあかせて、ちょいと小説を書いてみようかと画策しております。
たまにあるんですよ。自分の中の感情を表に出したいときが。
かと言って、それを誰かにぶちまけたところで、何とかなるもんじゃなし。

というわけで、ここからは駄文書き。

最初はイラストでも書いてみようかと思ったんだけど、「顔」が描けない。
高校のとき、美術選択だったんだが、静物は得意だけど動物は描けなかったもんで。
人の骨の動きから関節、筋肉の張り具合を想像して体は描けるんですが、顔ってなぁ、あれだね。表情筋を想像しても薄皮一枚の上に張り付いたパーツでガラッとものが変わっちまう。
つぅわけで、無駄に読んできたマンガ、小説、神話の類、宗教論を思い出しながら小説でも書こうとかと。

そういえば、無駄に読んできたつぅことだけど、おれは何に属するのかと昨日、ふと考えた。

マンガマニアやおたくと言われたら若干ちがうような気がする。
昔、どっかのテレビで見たけれど、ジャンプやマガジンの創刊号から全部集めたという人がいたけど、ああいう人をマニアと称するなら、おれは集めたりはしない。
気に入ったら残しておくけど、飽きたら売るし。

単純に読みたいものを買って読む。これなんだけど、それじゃ乱読家かと言われればそれもちがう。
例えば「暴れん坊本屋さん」の店長のように手当たり次第、読むタイプじゃない。

読みたいジャンルは決まっていて、マンガが主で次点がラノベ、たまに推理小説や宗教論、心理学、数学書なんかを読んで知識欲を満たしたりする。
でも純文学なんかは本屋で売り場がどこかすらわからない。
近所3軒の本屋のマンガ売り場なら版型から出版社、掲載雑誌順にどこに並べられているか把握している。
そのうち1軒の山形市内で一番大きい本屋「こまつ書店」寿町本店はどの程度の売り場面積を確保して、平積みスペースにどの本が並べられているかも把握しているのに。

それじゃ読書家かと言われれば、マンガが主なおれがそう呼ばれるのはおこがましい気がする。
おれはどんなカテゴリに属する者なのだろうか?
スポンサーサイト

2006年12月07日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

SEO対策:マンガ 漫画 動画 動画 ようつべ 映画 2ちゃんねる マニア おたく Flash
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。