無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

おたくの娘さん1巻

おたくの娘さん1巻

今日買ってきたのは「おたくの娘さん」の1巻です。

もともとはWebコミックとして個人のHPで書いていたもので、WCRというWebコミックランキングサイトで1位だったものを、月刊ドラゴンエイジからコミカライズされたものです。
ヤングガンガンで連載している「WORKING!!」と同じようにすでにファンがついてるものを売り出すのだから、同じ新人を売りに出すにしてもある程度の売り上げが期待できる方法です。

ストーリーは「おたくの娘さん」を実際に読んでもらえれば分かるので割愛します。

続きを読む

スポンサーサイト

2006年11月30日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

狂乱家族日記1巻 姉妹の方程式1巻

狂乱家族日記壱姉妹の方程式1巻

今日買ってきたのは「狂乱家族日記」壱さつめと「姉妹の方程式」1巻です。

どちらも欲しい新刊がなかったので、何となく買いました。
狂乱家族日記はファミ通文庫発刊のラノベ。
姉妹の方程式はまんがタイムきららで連載している4コマです。

基本的に雑誌は読まずにインスピレーションでマンガを買うもので、棚差しされている題名にピンッと来たら買っていきます。
今回の狂乱家族日記はそんな感じで買ったものです。

姉妹の方程式は今月3巻が出て、ちょっと読んでみようと1巻を買ってきました。

それではこれから読書開始。

姉妹の方程式読了
狂乱家族日記読了

続きを読む

2006年11月29日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

Seesaaから移動

Seesaaでブログってたけどテンプレートが少なかったので移動してみました。
FC2の人よろしくです。

2006年11月29日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(2)

散髪

前回散髪してから2ヶ月ほど経ってしまったので、そろそろ髪を切ろうかと美容室に予約。
時間までまだ少しあるので本屋を経由して美容室へ。

最初の髪を洗ってもらってる最中に激しく気持ち悪くなってしまって帰ってきました…

ということでこれからゴロ寝。

2006年11月28日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(0)

それでも町は廻っている2巻 まとちゃん

SoredemoMachihaMawatteiru02.JPGMatochan01.JPG

今日買ってきたのは「それでも町は廻っている」2巻と「まとちゃん」です。

「それでも町は廻っている」はマンガがあればいーのだ。で紹介されてるのを見て、おもしろそうだと今日買いに行ってみました。
残念ながら1巻が売ってなかったので、今日のところは2巻を買ってきて1巻は明日探そうかと思います。
しかし、女子高生でメイド姿が主人公なのに、まったくメイド成分も女子高生エネルギーもないマンガだなぁ。
おもしろいけど。

「まとちゃん」は何となく手に取って、何となく買ってみました。
虫が好き(でも愛してるわけじゃない)まとちゃんが虫をテーマに何となくギャグになってる感じな4コママンガです。
最初は大きなお友達に大人気だった「週刊わたしのおにいちゃん」で連載、その後、ゼロサム増刊WARD掲載されたものをまとめたらしいです。
がんばって読むようなマンガではありません。

2006年11月27日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

なんか面白かったので

死神探偵と幽霊学園2巻 バタフライ5巻

Shinigami02.JPGBatafurai05.JPG
今日買ってきたのは「死神探偵と幽霊学園」2巻と「バタフライ」5巻(完結)です。

まだ読んでないので感想は後ほど。

ところでバタフライの表紙の男の耳からすごい耳毛が生えてるっぽく見える。

読了。

死神探偵と幽霊学園は、ミステリーものです。
と言ってもヒントとかはおれには見つけられないので、完全なミステリーものと言えるのかはわかりませんが。
そもそもミステリーで謎を解くのが苦手で、感情移入して物語を読むことが好きです。

バタフライはラストに来て、大どんでん返しです。
こういうオチだったのかぁと思いました。
表紙のすごい耳毛の男は、この先いい人生が待っていることでしょう。

っていうかもててるのがうらやましいです。

軽く酔っているので、なんか支離滅裂です。

2006年11月25日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

未来予想図Ⅱ

卒業してから もう三度目の春
あいかわらず そばにある 同じ笑顔
あの頃バイクで 飛ばした家までの道
今はルーフからの星を 見ながら走ってる
私を降ろした後 角を曲がるまで見送ると
いつもブレーキランプ a.gify.gifsh.gify.gift.gife.gifr.gifw.gif
ア・イ・シ・テ・ルのサイン


今日はジンギスカン食べに行ってきます。

その前に死神探偵と幽霊学園2巻 斉藤岬が発売してるはずなので本屋に散歩に行こう。

2006年11月25日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(0)

ドラえもん最終回

ドラえもん最終回といえば諸説様々、たくさんあります。
FLASHで作られたもの、小説形式なもの、マンガで描かれたもの。

その中で、わたしが一番好きなドラえもん最終回です。

漫画で読む「ドラえもん最終回」

ついでにお気に入りのドラえもんFLASH
「のび太VSドラえもん」
Vol.1 Vol.2

2006年11月25日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

神戸在住9巻

KoubeZaiju09.JPG
今日買ってきたマンガは「神戸在住」の9巻。

神戸にある美術大の女子大生、辰木桂が主人公のマンガです。
阪神大震災以降が舞台のため、度々その傷跡を垣間見せることがあります。
美術大の日常をゆったりとした空気で描いています。
叙情的で、風景や主人公の内面の描写がきれいに描かれています。
エッセイ風でほぼ1話簡潔の話です。
作者自身の情報は明らかになっておらず、女性なのか男性なのかすら定かでありません。
ただし、自身も大震災を実際に体験しているらしい。

今回は、パリにモデルとして留学していた友人が戻ってきた話や、おそらくこの先の人生に影響を与えるかもしれない話などがあります。
また、これまで一線引いて付き合っていた帆津さん(他に人はいるが)と遊園地へ遊びに行ったり、たまたま会った帆津さんと一緒に登校するシーンなど、当作品で人気を二分する2人が仲良くなっていることがうれしい限りです。
読後の爽やかな気分、またちょっと考えさせられるような感じは相変わらずいい作品です。

2006年11月24日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

クラッシュ・ブレイズ ソフィアの正餐会

CrashBraiz.JPG

今日買ってきたのはマンガではなく、小説です。もう少し正確に言うとラノベの類に入るのでしょうか。
茅田砂胡クラッシュ・ブレイズ ソフィアの正餐会を買ってきました。

茅田砂胡といえば、「デルフィニア戦記」という代表作があります。
デル戦は新書版の全18巻に渡る長編冒険ファンタジー小説です。
その後、角川ルビー文庫(現在絶版、中央公論新社C★NOVELSで再販)で出版されていた「桐原家の人々」、中央公論新社C★NOVELSから「スカーレット・ウィザード」、角川スニーカー文庫から「レディ・ガンナー」、中央公論新社C★NOVELSから「暁の天使たち」を発刊。現在の「クラッシュ・ブレイズ」に至ります。

デル戦での主人公「リィ(グリンディエダ・ラーデン)」のイメージが余りにも強すぎたために他のキャラクターが作れないのか、暁の天使たち、クラッシュ・ブレイズの主要登場人物はデル戦の主人公を含む一部のキャラクターとスカーレット・ウィザードの主人公たちが同一の世界で活躍する小説です。
そのため、暁の天使たち単体ではデルフィニア戦記とスカーレット・ウィザードを読んでいないと読んでいてもよくわからない箇所があります。また、クラッシュ・ブレイズに至ってはデルフィニア戦記、スカーレット・ウィザード、暁の天使たちを読んでいないとよくわからないです。
そのため、この2作は作者のオ○ニー小説と呼ばれることがあります。

今回は、後書きにもありますが、ミニモスラが暴れています。
赤ゴジラ、黒ゴジラはあまり活躍の場が与えられていませんでした。

ん~… 正直言えば、今回はおもしろくなかった。


でも、デルフィニア戦記は超おすすめですよ。
腐女子が喜びそうな感じではあるけど、基本的に漢の世界な小説です。

2006年11月23日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

鋼の錬金術師15巻

Hagane01.JPG

今日買ってきたマンガは鋼の錬金術師15巻

炎の錬金術師の過去話が主です。

アニメになり、映画にもなった人気作なので内容は割愛。

あと14巻のホークアイ中尉のくびれは確かにすばらしかったです。

2006年11月22日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

バイト決まりました

池内ひろ美のブログ炎上中

昨日の夜、暇つぶしに2ちゃんニュー速+を見ておもしろいニュースはないかと思っていたら、炎上しているブログを発見。

池内ひろ美の考察の日々
池内ひろ美は離婚評論家、離婚コメンテータとしてテレビや講演会などを行っている。
そんな文字や言葉を扱う職業の人が、たった1日の日記から炎上。他の罪状までが浮き彫りにされてきている。

続きを読む

2006年11月21日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(0)

Amateur

思わず見入ってしまった。

http://www.youtube.com/watch?v=JzqumbhfxRo

2006年11月20日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(1)

BREAK-AGE

今日も特に買うマンガがないので、BREAK-AGE(ブレイク・エイジ)でも。
BA.JPG

ブレイクエイジは「馬頭ちーめい」と「スタジオねむ」が描いたロボットネットワークアクションゲームとでも言うんでしょうか?そんな感じのを題材にしたマンガです。
'92年~'99年にかけてアスキーコミックス(現コミックビーム)で連載していたマンガで単行本は全10巻、外伝としてブレイク・エイジ ボトルシップ・トルーパーズというのが出ています。
また、ファミ通文庫から小説が12巻出ています。
そして、DVD・ビデオ・LDも出したことがありますが、あまりな出来だったため、黒歴史となっております。
おれは3種類とも買ったけど、後悔はしていません。

アスキーコミックスからコミックビームに統廃合され変わろうとした際に、一時期連載終了となったのですが、読者からの問い合わせと復活希望が多かったため、連載再開となった作品です。


主人公が高校生ではなく、高等専門学校生というのが珍しいです。
デンジャープラネット(DP)というゲームでヴァーチャルパペット(VP)という機体を操り、対戦するアミューズメントネットワークゲームを舞台に、主人公たちが青春と恋愛を謳歌するストーリーです。

また、作中の年代は2007年なのですが、現在とちがうところが多々あります。
当時、まだインターネットというものが普及しておらず、端々にパソコン通信の名残が見えます。
また、高速ネットワーク回線がISDNというところが現在と違っています。
しかし、当時としては珍しくVPのイメージをCGを使って作成しており、また、そのイメージは現在でも通用する洗練されたものです。


現在は、ブレイクエイジの本編のマンガは廃版になっているはずなので、古本屋でしか手に入りません。
小説も「ロアゾオブルー」以外は手に入りづらいかも知れません。
それでも、一見の価値がある名作のひとつだと言いたいです。

2006年11月20日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(0)

ウォーキング・ツアー

セブンアンドワイに注文していたものが届きました。

ウォーキング・ツアー

pyaのFLASH

pyaの殿堂入り第4位になっているFLASHです。
おもしろFLASHが大勢を占めるなか、感動ものが入っているところがこのFLASHのよさがわかります。

前にも見たのですが、また見ても泣けてきます。

2006年11月19日 マンガ トラックバック(0) コメント(1)

BLACK LAGOON ワイルダネス ヨルムンガンド

先ほど、サンデーGXにはブラックラグーン、ワイルダネス、ヨルムンガンドの3つのガンアクションマンガがあると言ったのですが、この3つがどう違うのか表現してみよう!と考えてみました。

例えば、アパートに泥棒に入ってみようと思います。
ドアには鍵がかかっていました。
・ブラックラグーン
 無理やり蹴り開ける。
・ヨルムンガンド
 大家に兄弟と偽って開けてもらう
 針金で鍵を開ける
 裏に回って庭側の窓を静かに割って入る
 …等のいろいろな手段を講じる。
・ワイルダネス
 どうしようか考えているうちに部屋の持ち主が帰ってきたので逃げる。

こんな感じです。

2006年11月18日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

BLACK LAGOON ヨルムンガンド ハルノクニ

BlackRagoon01.JPGharunokuni01.JPGYorumungando01.JPGRapanomi01.JPG
今日買ってきたのは「BLACK LAGOON」「ヨルムンガンド」「ハルノクニ」「飲みに行こうぜ!!」の4冊です。

BLACK LAGOONはサンデーGXで連載中のガンアクションマンガです。
最近、ガンアクションものが好みでねぇ…。
アニメ化もされて、サンデーGX誌上では人気作のひとつとなっています。
サンデーGXは他誌であるウルトラジャンプ、マガジンZと同様にメディアミックスを念頭においての雑誌です。
週刊少年ジャンプなどではなかなかできない、人が死ぬ場面を隠さないマンガです。
爆弾や銃はガンアクションものとして当たり前ですが、スナッフムービーなど一部残酷なシーンもあります。
しかし、そういったものを含めても痛快なアクションが描かれています。

ヨルムンガンドはBLACK LAGOONと同様サンデーGXで連載しているガンアクションものです。
このマンガがはじめての単行本ということでけっこう線の汚さが見られますが、このマンガもアクションがうまく描かれていると思います。
そして、アクション場面もいいのですが、どうでもいい日常場面もおもしろいです。
BLACK LAGOONがハードボイルドで気の抜けないアクションなら、ヨルムンガンドはほどよく気の抜けた感じなのがいい感じです。

ヨルムンガンドの帯に書いてあるけど、最近のサンデーGXは銃撃ち漫画が増えてますねぇ。
伊藤明弘の「ワイルダネス」もそうですし。

ハルノクニは週刊少年サンデーで今週終了したマンガです。
次の巻が最終巻でしょう。
政府の暗部の覗いた少年がそれを世間に公表するために奮起する。
ハルと呼ばれるハイテク満載なネコvsそれを取り返したい政府の対決なマンガです。
最終ボスが小泉純一郎にそっくりな総理大臣だったりして、たぶんどっからか圧力が来たんじゃなかろうかと勘ぐりたくなる感じで打ち切りです。
これから話を広げていけば、おもしろくなるんじゃないかと思っていただけに残念です。
主人公の葛藤など心情面が描かれていないために、薄っぺらい感じが否めませんでした。

飲みに行こうぜ!!は今や有名な「のだめカンタービレ」の二ノ宮知子のマンガです。
ホントはその二ノ宮知子が描いたレポマンガ「平成よっぱらい研究所―完全版」が欲しかったのですが、売っていなかったので巻末にホラーマンガも載ってるし、こっちもおもしろそうなので買ってみました。
本編の飲みに行こうぜ!!はけっこうおもしろかったので、全編これならよかったのですが、1/3しかありませんでした。
他はホラーと銘打っているけどぜんぜん怖くなく、ギャグと言ってるがおもしろくはないマンガでした。

2006年11月18日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

ホイッスル

今日買ってきたのはホイッスルの文庫版13、14巻、地獄先生ぬ~ぺ~文庫版19巻、20巻とメイドマシンガンというエッセイ?です。

Ho01.JPGHo02.JPGMa01.JPGNu01.JPGNu02.JPG

ホイッスルは週刊少年ジャンプで'98年から'02年のあいだ連載していた中学生のサッカーマンガです。
主人公・風祭将の夢はJリーガー、そして世界に通用する選手になること。
フィジカルが強いわけではなく、才能があるわけでもないが、ただひたむきに純粋にサッカーに対する思いだけで努力し、成長していく少年の物語です。

Jリーグ華やかなりし頃の作品のため、他に粗製濫造されたサッカーマンガのなか、高校ではなく中学生という、青臭い感じがするも元気になれるかもしれないマンガです。


メイドマシンガンはハッキリ言って中身は知りません。
イラストレータがヤスダスズヒトという、好きなラノベのイラストレータと同じ人だったので買いました。
ついでに巻末に2ページだけだけどマンガが載ってるし。
家に戻って、調べてみたらi-modeで読める小説を紙媒体に起こしたものらしいです。
メイド喫茶で働く少女の日記風エッセイということで、まぁあまり期待はせずに読んでみようかと思います。
ところで、この本の表紙にかかってる帯には、少女が持ってるのはマシンガンですが、帯をめくると花束を持っています。
これを見て「マシンガンに花束を」というフレーズが思い浮かんだんですが、何のことだかわかる人いませんか?


地獄先生ぬ~べ~は言わずと知れた週刊少年ジャンプで連載していたオカルトもの?のマンガです。
'90年代前半に「ドラゴンボール」「幽☆遊☆白書」「SLAM DUNK」といったジャンプ3本柱が相次いで終了し、'90年代後半のジャンプ低迷期のなか、「るろうに剣心」と共に、ジャンプ2本柱の1柱として「ONE PEACE」の連載が軌道に乗るまで牽引した作品です。
うちの従兄の子供(小学校4年)が、うちに来たときになぜかぬ~べ~を知っていたみたいだけど、今の小学生も知ってるんだろうか?コンビニ版ででも読んだのかな?

2006年11月17日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

帯をギュッとね!

昨日に続き、今日も買いたいマンガがなかったので今読んでるマンガを。

帯をギュッとね!

'88年~'96年まで週刊少年サンデーで連載していた高校柔道マンガ。
高校で柔道部を作り、インターハイを目指すマンガです。
それまで柔道マンガというとスポ根ものが多かったなか、「ニューウェーブ柔道漫画」と銘打ち、汗臭いイメージがついていた柔道をスポーツ競技としてとらえ、爽やかなイメージで書かれています。
作者自身も柔道をやっており、また、その父親も町道場で子供たちに教えていたという話しで、技や技術、ルールなど素人にもわかりやすいものでした。

単行本30巻、ワイド版15巻、文庫版16巻が発売されており、単行本の巻末には読者投稿コーナーが設けられていました。
この読者投稿コーナーが人気で、1冊のコーナーには約2000通ものはがきが送られていたそうです。
また、その読者投稿コーナーにはデビュー前の「MAR」「烈火の炎」の安西信行や「いでじゅう」「RANGEMAN」のモリタイシなどが投稿しており、グランプリに選ばれていたこともあります。

10年前に連載が終了したマンガではあるが、ギャグや絵柄などは現在でも十分おもしろく、おすすめのマンガの1つです。

2006年11月16日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

伊集院光

最近、というかここ2年以上はヘビーローテーションで聞いてるのが、伊集院光の「深夜の馬鹿力」というTBSラジオでやってる深夜ラジオ番組です。

基本的にはう○ことかち○ち○とかの中学生が喜ぶようなことをしゃべったり、駄目人間のための番組と言われてるんですが、たま~~~~にいい事を言ったりします。


深夜の馬鹿力という番組は、10年以上やってるのですが、毎日聞いてると何度も同じ番組を聴き直すことになります。
今日聞いてたのは、98年3月30日の放送です。

伊集院は深夜のラジオをやっているのですが、夏になっても絶対に怖い話はしないことにしているそうです。
自分が怖いからとか、リスナーが怖い思いをするからとか、ラジオで怖い話をすると番組が終わるという噂があるからということでした。

話を続ける前にここ(死ぬほど洒落にならない話を集めてみない?まとめ)をちょっと読んでみてください。
それほど怖くない話ですし、ビックリ系でもないので安心してください。


さて、この話は友人から聞いた話ということですが、実は、伊集院が以前、自分で考えた話だそうです。
ある番組で怖い話特集をやったときに心霊体験などを体験したことないし、見たことないし、見たくもないし、信じないので、そのために怖い話を考えて発表した物語だそうです。

伊集院の考える霊能者とは、
【例】
伊集院が喫煙所でタバコを吸っているときに、空き箱の中にスズメバチがいたら怖いという話をしている。
その話で盛り上がって伊集院たちが出たあとに、その場に残った話に加わってなかった人たちが置いていった空き箱の中に実際にスズメバチがいると勘違いする。
そうするとそこにスズメバチがいなくても、空き箱の中にスズメバチがいると思って、みんなの生活に影響を与える。
盛り上がってしまうと伊集院が「ここにはスズメバチはいない」と説明しても信じてもらえない。
しょうがないから伊集院がサクラのスズメバチ駆除業者を連れて、そのスズメバチを駆除する真似をしてお金をもらう。

そのサクラの駆除業者が霊能者だということです。


たまにこういうおもしろい話が聞けるのがいいところです。
普段の馬鹿みたいな話もおもしろいですが。

2006年11月15日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(6)

今日のマンガ

今日は「4ジゲン」と「あいたま」を買ってきました。

「あいたま」は他に「女クラのおきて」「はなやか梅ちゃん」「スーパーメイドちるみさん」「あおいちゃんとヤマトくん」など4コマを書いている作者です。
ちなみに「女クラのおきて」以外は全部集めました。
おもしろいのかと言われれば、10段階評価で6か7くらい。
基本的に「ひとつの事は得意だが、他のことは苦手な明るい女主人公」が多いです。

「4ジゲン」はにざかなという作者で以前は「B.Bジョーカー」という4コマを書いていました。
この作者は「にざ」と「かな」という2人で書いていたのですが、仲たがいから解散。しかし今回から復活したようです。
後書きに書いていたのですが、仲直りしたからではなく生活の都合上、仕方なくということらしい。
ちなみに「かな」はそれまで何をしていたか謎ですが、「にざ」は「殺し屋さん」という4コマの原作というかアイデア出しを担当していたらしいです。
この殺し屋さんはおもしろいのでおすすめ。
4ジゲンは、シュールとブラックジョークの4コマです。
掲載誌ははなと夢コミックスのLaLaで、絵柄はそのまま耽美系の少女マンガ風ですが、中身は黒いです。

2006年11月14日 マンガ トラックバック(1) コメント(0)

みなみけ 特装版

先日の日記で書いた「みなみけ 3巻 特装版」ですが…

楽天ブックスで買えちゃいましたヽ(´ω`)ノ

さて、この特装版ですが、マンガ全部にシュリンク(ビニール袋)が掛かっていて読むにはこれを破かないといけません。
|ω・)通常版は読んだから破かないで取っておこうかなぁ…

2006年11月14日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

今日のマンガ

今日買ってきたマンガは「鬼ごっこ」と「みなみけ」と「みなみけ+今日の5の2キャラファン」の3冊です。

さて、買ってきてリンクをつけるためにamazonのリンクを見て気がついたのですが、「みなみけ3巻 特装版」には「今日の5の2」以前のデビュー作などが載ってるマンガがあったのですね。

…チッ 兄ちゃんめ キャラファンにそのデビュー作などが載ってるとか言ってたくせにウソをつきおったか。

いつもはキャラクターファンブックには興味がないのですが、マンガが載ってるという限りは買います。
マンガ好きですから。
ですが、読んでみたら載ってなかった…。

特装版はセブンアンドワイではもう売り切れ。
限定生産なので注文も不可。
amazonを見たら新品はなく、コレクターショップでは安くても2,377円(元値800円)からという始末。
時間をおけば安くなる可能性もあるけれど、逆に手に入らなくなる可能性もある。
しかし、amazonはショップ登録されていない個人からはカードオンリーでしか買えない。

さて、どうやって手に入れようか…。

2006年11月12日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

カヲルとゆいのいっかいやらして

manga_town.jpg
今月の「まんがタウン」という4コママンガ雑誌の表紙です。

表紙の「だめよめにっき」を書いている私屋カヲルの本に
「カヲルとゆいのいっかいやらして」というのがあります。
これがいま非常に読みたい!
ikkaiyarashite.gif
ちなみに中身は非常に下品下ネタ満載のレポまんがです。
表紙からしてギョウチュウ検査のテープをはがしたところですから、中身は押して知るべしだと思います。

しかし!
近所の本屋数件回ったけれど売ってません。
発売されたのが2001年なので、5年前とはいえなくなるほど古くはありません。
調べてみると、小学館のコミックGOTTA(2001年7月休刊)で連載していたものらしいです。
小学館に問い合わせてみたところもう重版はしないとのこと。

しかたないので、ブックオフを回ってみたのですがどこにも置いてません。
重版しないということは当然ネット本屋に注文しようにも置いてません。
YAHOOオークションで探したら1件しか出品してません。
amazonはカード払いしかできないので、買いたくありません。
しかも550円の本が1500円もします。

方々探した結果、ネット古本屋で1件だけありました!
しかも280円という安値です!
代引きOK!
代引き手数料込みで880円ほどかかりましたが、明日到着の予定。
早く読みたいなぁ…

表紙の「だめよめにっき」はおもしろいです。まだ単行本化されてないので、手に取る機会があれば、まんがタウンを立ち読みでもしてください。
他に、一部の大きなお友達に好評の「こどものじかん」やネコ好きにもネコ好きじゃない人にもおすすめの「ちびとボク」などを書いています。

2006年11月10日 マンガ トラックバック(0) コメント(0)

ちょっと移動

リードメールのことを、日常の日記に織り交ぜて書くと何かと面倒くさそうなので、小遣い稼ぎ日記としてブログを取って、別に書くことにしました。

まぁ、気になったら見てみてください。

ぱぺの小遣い稼ぎ

2006年11月09日 戯言日記 トラックバック(0) コメント(0)

半日経過

リードメールを開始してから約半日ほどが経過しました。

その前に、昨日はじめた3つのリードメールの他にまた2つ追加してみました。

1banmail.com
まずは「1番めーる
9/20に開始したという新しいサイトなのに、登録者数がすでに8000人を超えています。
リードメール紹介サイトなどを見ると、潰れづらいサイトというのの目安として6000人以上というのがあるらしいです。
ということはまだ1ヶ月ちょっとしか経っていないのにもうすでにその条件をクリアしています。
あと、メール自体も他のサイトと比べてもダントツに多いです。
おそらくいま一番活気のあるサイトなのでしょう。

そして「eライフナビ
2004年11月にできたサイトで、老舗に近いです。
リードメール人気の火付け役となったサイトも2004年にできたらしいですが、そちらは現在休止中。
なのにこのサイトはまだ安定してメールを配信してるというのですから感心です。

さて、メール配信状況ですが、半日経過した現在ではダントツで1番めーるが多いです。
次点で流石めーるです。
しかし、一番のおすすめはどこかと聞かれれば「流石めーる」を押します。
なぜならクリック広告(サイトに行き広告を自分でクリックする)が多いことと、1番メールは配信頻度は高いのですが0.1円が多いのに対し、流石メールは0.25円が多い。
実際に半日の報酬状況を見ると流石めーるの方が1番めーるより倍近い報酬が入っています。
このことから、現在のところおすすめは流石めーるを押しておきます。

2006年11月04日 AutoMoney トラックバック(0) コメント(0)

ウェブマネー>セガキャッシュ

WebMoneyによるセガキャッシュご購入に関するお知らせ
本日12:00~16:00まで行っておりましたSEGAlink緊急メンテナンス以降、
WebMoneyによるセガキャッシュのご購入に不具合が生じており、引き続き
サービスを停止させていただいております。

現在、不具合解消のため調査を行なっておりますが、復旧の目処は立っておりませんので、
誠に恐縮ではございますが、お急ぎの場合は他の決済方法をお選びいただきたく存じます。

なお、このたびの不具合に関する続報は11月6日(月)15:00を予定しております。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げますと共に、
復旧までいましばらくのお時間をいただきたくよろしくお願い申し上げます。

ソース:PSU公式サイト

なるべくカードは使いたくないので、払うとしたらWebMoney>セガキャッシュで多少損かぶっても仕方ないかなぁと思っていましたが、払えないとなると話は別。
引退ということになりそうですな…。

2006年11月04日 ゲーム トラックバック(0) コメント(0)

またも暇つぶしに…

以前の教訓なんて何のそので、またも手を出してしまいました。

今回は「リードメール」
前回のオートサーフはまず自分の金を入金し、その入金した金を元に投資+スポンサー広告費+一定数の広告を見ることで払い出しをしていました。

リードメールは名前そのものの「メールを見る」ことで報酬が発生します。
他にクリック広告というサイトからリンクをクリックすることで報酬が発生するものもあります。

そして何より、リードメールは自分の金に一切手をつける必要はありません。
それが(゚∀゚ )いい!
というわけで3箇所ほど登録してみました。


banner500h.gif
1つは「流石メール
どこのリードメールのランキングサイトを覗いても、1位を獲得。
他、リードメール紹介サイトを見てもいいことしか書いてません。
また、他2つと比べてもクリック広告の数が段違いで多かったです。


もう1つは「西成広告電信
流石メールと比べるとクリック広告の数は少なかったですが、払い出しポイントが流石メール500ポイント(=500円)と比べて100ポイント(=100円)で払い出しされます。

otokumail.biz
最後に「おトクメール
これも流石メールと比べるとクリック広告の数は少なかったですが、西成広告電信と同様100ポイントで払い出しされます。


広告メール自体が多いかどうかは、まだ始めたばかりなのでわかりません。

2006年11月03日 AutoMoney トラックバック(0) コメント(2)

SEO対策:マンガ 漫画 動画 動画 ようつべ 映画 2ちゃんねる マニア おたく Flash
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。